イベント

  1. ホーム
  2. イベント
  3. ユネスコ「世界の記憶」登録推進講演会 「板東に生きた祖父を想う」

ユネスコ「世界の記憶」登録推進講演会 「板東に生きた祖父を想う」


第一次世界大戦時、鳴門市大津町桧にあった「板東俘虜収容所」では、ドイツ人捕虜約1000人が収容されていました。
元ドイツ人捕虜を祖父に持つ2名を講師に招き、祖父の思い出や孫として学んだこと、残された資料から想うことなどについてお話をいただきます。過去の経験を知ることで、現代に生きる私たちが学び、次にすべきことに気付き、考える機会となることを目的としています。
特別展「板東に生きた祖父を想う」-友愛の記憶PART3-では、メラー氏の子孫ペトラ・ボルナー氏から寄贈いただいた新資料を中心に企画展示します。

■特別展日時■
平成30年10月15日(月)~12月27日(木)
9:30~17:00
※最終入館は16:30まで
※10月22日、11月26日、12月25日は休館

■特別展会場■
鳴門市ドイツ館 2階企画展示室

■入館料■
大人400円 小中学生250円


----------------------------------------------------------------


■講演会日時■
平成30年10月27日(土)
13:30~16:00

■講演会会場■
鳴門市ドイツ館 大会議室

■入館料■
無料
※2階展示室を見学の場合は入館料が必要です。



■お問い合せ■
鳴門市ドイツ館 
TEL:088-679-9110

イベント情報

開催場所 鳴門市ドイツ館
開催日時 特別展:2018年10月15日(月)~12月27日(木)
講演会:10月27日(土)
お問い合わせ先 TEL:088-679-9110