イベント

  1. ホーム
  2. イベント
  3. 板東俘虜収容所開所100年記念コンサート

板東俘虜収容所開所100年記念コンサート


第一次世界大戦のドイツ兵俘虜の収容所は、四国では当初松山、丸亀、徳島の3か所に設置されていました。
これらが板東俘虜収容所に統合移転したのが1917年4月のことでした。

4月6日に一足早く板東に到着した徳島収容所の俘虜たちの楽団(ヘルマン・ハンゼン率いる徳島オーケストラ)は直ちに活動を再開し、8日に丸亀から、9日に松山から到着した仲間たちを軽快な行進曲の演奏で出迎えました。

1000名近くが暮らすようになった板東俘虜収容所では、1918年6月のベートーヴェン第九交響曲日本初演に代表されるさまざまな文化活動が行われ、さらには地域住民との親密な交流が実現しました。

戦後の日独友好の復活と文化交流の礎となった板東俘虜収容所開設から100年目を迎えるにあたり、当時のドイツ兵俘虜たちが演奏した音楽を再現することで、文化交流の歴史を振り返ります。


■日時■
2017年4月9日(日)
開場 13:00 開演 13:30

■場所■
鳴門市ドイツ館 1階大ホール
〒779-0225
徳島県鳴門市大麻町桧字山田55-2
TEL:088-689-0099 FAX:088-689-0909

■入場料■
ドイツ館・賀川豊彦記念館開放デーのため入場無料

■出演者■
【指揮】岡山茂幸
【演奏】徳島エンゲル楽団
【ファゴット独唱】鈴木理美
【ピアノ伴奏】和田輝
【ソプラノ独唱】岡村由香
【合唱】徳島エンゲル合唱団/NPO法人鳴門「第九」を歌う会
【司会/朗読】安倍久恵

■演奏曲■
行進曲「旧友」/タイケ
ドナウ川のさざなみ/イヴァノヴィチ
歌劇トスカより「歌に生き愛に生き」/プッチーニ
歌劇カルメンより「ハバネラ」/ビセー
G線上のアリア/バッハ
アヴェ・マリア/バッハ・グノー
歓喜の歌/ベートーヴェン
友愛の花/詞:高橋敏夫 曲:新川清
【紙芝居】「ばんどうのコスモス~板東俘虜収容所と赤十字」
【朗読】ドイツ兵ヘルマン・ハーケの母への手紙より

イベント情報

開催場所 -
開催日時 2017年4月9日(日)
お問い合わせ先 鳴門市ドイツ館 TEL:088-689-0099